ご使用マニュアル-ご使用方法ご使用マニュアル-ご使用方法

サーバー設置方法サーバー設置方法

ウォーターサーバー(本体)、ボトルホルダー、「大雪な水」(12L×2本)は個別に配送されます。3点全てそろってから設置してください。安全上の注意点・設置前のご確認を読んでから設置してください。

キャップシールをはがす
水ボトル 段ボールから水ボトルを取り出しキャップシールをはがします。
※すぐに使用しない水ボトルはキャップシールをはがさずに保存してください。
ボトルホルダーに水ボトルをセット

ボトルホルダーを平らな場所に置き、水ボトル底部の取っ手とボトルキャップ部を持ってボトルホルダー開口部に対して垂直にセットします。
この時水ボトルが特性上変形しますが問題ありません。

キャップを外す
初回のみウォーターサーバー(本体)上部にあるボトル差込口のシールをはがし、オレンジ色のキャップを外します。
ウォーターサーバーにセット
ボトルホルダーの持ち手を持ち、ボトル差込口にボトルキャップを合わせて垂直にセットします。(ボトルホルダーのシールが正面になるようにセットしてください。)
※必ずボトルホルダーごとセットしてください。
上から押し込み、給水を確認
横から見て青いボトルキャップが見えなくなるまで、水ボトルを上から押し込みます。
上蓋をして水ボトルからサーバーのタンクに給水されている音を確認します。(約5分でタンクはいっぱいになります。)
(気温の変化により、ボトルキャップとボトル差込口の接触が悪くなる場合があります。)
コックから水が出ることを確認
冷水は冷水レバーを押し、温水はチャイルドロックを押しながら温水レバーを押して、コックから水が出ることを確認します。
温水は空気抜きのため、水が出るまで多少時間がかかります。(タンクがいっぱいにならないと温水コックから水は出ません。)
初回のみ冷水・温水コックから各コップ2杯ほど捨ててください。
電源プラグを差し込む
電源プラグをコンセントに差し込みます。(ロングタイプのみ冷水ランプが点灯します。)
冷却により雑菌の発生が抑えられますので電源プラグは抜かないでください。
温水スイッチを入れる
サーバー背面部にある温水スイッチのONを押します。(ロングタイプのみ温水ランプが点灯します。)
加熱により殺菌されますので温水スイッチは切らないでください。
40分後に使用可能
冷水(6℃前後)の連続注水量は150mlカップ約5杯、温水(87℃前後)の連続注水量は150mlカップ約4杯分です。
2回目からは水ボトルの交換だけでOKです。